オリックス・増井1億円減でサイン 来季は先発一本で勝負「こだわりすべて捨ててやるしかない」

 オリックス・増井浩俊投手が4日、大阪市此花区の球団施設で契約交渉に臨み、今季年俸から1億円減となる2億円で更改した。

 「今シーズンは自分のなかで好調もなく、不調もなく、普通ぐらいの状態が続いた感じで、数字にも表れている。好調な時期を作れなかったので、悔しいですね」

 今季は移籍後初となる開幕2軍スタート。シーズン中盤には先発に転向し、先発投手として2勝をマーク。16試合で2勝2敗5ホールド、防御率3・03だった。

 今季は4年契約の3年目で、契約最終年の年俸は変動制となっており、球団側からは野球協約が定める減額制限(年俸1億円以上は40%、1億円以下は25%)に近い提示を受けた。

 来季は先発一本での勝負を宣言し「こだわりすべて捨ててやるしかない」と力を込めた。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ