西武の増田「日本一に」 FA権行使し残留、4年契約へ

 プロ野球西武の増田達至投手(32)が4日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使した上でチームに残留すると表明した。オンラインで取材に応じ、「このチームでもう一度やりたいという思いになった。少しでも恩返ししていければ」と思いを語った。球団からは来季以降も不可欠な存在として4年の大型契約を提示され、慰留されていた。

 他球団の評価を聞いてみたい思いもあったというが、家族とも相談し、「後悔のないように決断した。日本一を味わったことがないので目指したい」と残留を決意。権利を行使した理由を「4年後なら年齢的にも使うことはないかなと。生涯ライオンズでやっていきたい」と語った。

 8年目の今季は抑えを務めて48試合に登板し、5勝0敗33セーブ、防御率2・02の好成績で、初の最多セーブに輝いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ