菅野がポスティング申し入れ 米球団と交渉、巨人残留も

 プロ野球巨人の菅野智之投手(31)が、米大リーグと交渉するために球団にポスティングシステムを申請するように申し入れたことが3日、球界関係者の話で分かった。巨人に残留する選択肢も持っているという。

 関係者によると、日本シリーズ終了後に複数回、球団側と球団事務所などで会談。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大リーグは不透明な状況が続いており本人は悩んでいる様子で、大リーグ球団の話を聞くためにポスティング制度を利用したいと申し入れた。球団は菅野の意思を尊重し、ポスティング制度の申請を日本野球機構(NPB)に行う準備を始めた。

 菅野は今季、プロ野球新記録となる開幕投手から13連勝をするなど14勝2敗、防御率1・97をマーク。セ・リーグ最多勝と勝率第1位を獲得し、チームのリーグ2連覇の原動力となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ