DeNA・高城が1250万円でサイン 引退試合でバッテリーを組んだ三浦新監督と「優勝へ向かう」

 今季からDeNAに復帰した高城俊人捕手(27)が3日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、50万円増の年俸1250万円でサインした。

 「浜口が投げるときにバッテリーを組ませてもらって、そこで結果を出せなかった。打撃も後半に失速した。貢献できていないので、悔しいシーズンでした」

 23試合で打率・190も、過去8年で1本塁打がながら9年目の今季は3本塁打を放つなど、存在感を発揮した。来季は三浦新監督のもとで地位の確立を目指す。三浦監督の引退試合でバッテリーを組むなど、特別な思いのある監督と優勝を目指す。

 「自分のやれることをしっかりやって、優勝という目標に向かい、少しでも活躍して監督と優勝するために、自分の力が少しでも役に立てばと思います」。2018年途中にオリックスへトレード移籍。19年オフに戦力外通告を受けたが、今季からDeNAに復帰していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ