阪神、中日戦力外・鈴木翔を調査

 阪神が中日を戦力外となった鈴木翔太投手(25)の獲得調査を行っていることが2日、分かった。

 2014年にドラフト1位で入団した右腕は、右手の血行障害の手術の影響で最近2年間は1軍登板がなかった。今季はウエスタンで18試合に登板して2勝2敗2セーブ、防御率5・74も、再起の気配を見せていた。

 戦力外の選手とは7日の12球団合同トライアウト後に交渉が可能で、調査を進めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ