楽天・津留崎「野球人生で初めて僧帽筋が疲れた」1200万円で更改

 楽天・津留崎大成投手(23)が1日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万円増の1200万円でサインした。

 1年目の今季は、33試合に登板し、1勝1敗1ホールド、防御率4・19。「入団前は本当に通用するのか不安が大きかった。しっかり自分の投球ができたら通用するし、自分から崩れたらプロの選手は見逃してくれない。課題が多くみつかったシーズンでした」と振り返った。

 筋肉トレーニングや、筋肉のメカニズムに造詣が深い右腕は、「今までの野球人生で僧帽筋が疲れたことはなかった。60、70試合が過ぎた位で、こんなところが疲れるんだなと思った。来季はそこを気を付けたい」と気を引き締めた。

 来季の目標について、「四死球(18四球、1死球)を減らしたい。そこが改善できれば防御率も下がるし、試合数もイニング数も増えるのではないかなと思います」と明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ