阪神・守屋「仕方ない」24%ダウンで契約更改

 3試合の登板に終わった阪神・守屋が30日、550万円減の年俸1750万円で契約を更改した。減額制限の25%に迫る約24%ダウンも「仕方ないかなというのが一番です」と受け入れた。開幕直後に右肩を痛め、自己最多だった昨季の57試合から激減。フェニックス・リーグでは5試合無失点も「まだ納得できる球は少ない。まだ上がる。キャンプから『守屋がいるぞ』というのを見せたい」と奮起を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ