田中広輔、広島残留を表明 国内FA権行使せず

 広島の田中広輔内野手(31)が30日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。

 神奈川・東海大相模高から東海大、JR東日本を経て2014年にドラフト3位で入団。17年には盗塁王、最高出塁率のタイトルに輝くなど、俊足巧打のリードオフマンとして18年までのリーグ3連覇に貢献した。

 選手会長を務めた今季は112試合に出場し、打率2割5分1厘、8本塁打、39打点、8盗塁。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ