DeNA、梶谷&井納のFAに三原球団代表は残留熱望も「マネーゲームはしない」

 DeNAの井納翔一投手、梶谷隆幸外野手が国内フリーエージェント(FA)の権利の行使を申請したことを受けて、三原一晃球団代表が27日、横浜市の球団事務所でオンライン取材に応じた。

 「2人ともFAの権利を取得しているので、彼らの権利としてそれぞれの思いで行使したということ。われわれとしてはぜひとも残ってもらいたいという思いを伝えています。よい知らせを心から待ちたいと思います」

 三原代表は井納について「フル回転で働いていただいた。特に先発投手にけががでたときにチームを非常に助けてくれるという意味合いにおいても必要な戦力と考えています」と説明した。

 また梶谷に対しても「実力に関しては当然ですが、生え抜きの選手で背番号3を背負ってもらって、ファンの皆さんからも非常に愛されている選手。これから、ベイスターズが優勝を目指していくなかには必ず必要な選手と考えています」と残留を熱望した。

 球団として宣言しての残留を認めており、すでに条件は提示。ただし、条件面の見直しについては「高田GMがいたころからチームの方針としてマネーゲームはしないということを原則としておりますので、いわゆる金額を上げて上げて、というようなことは考えていません」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ