楽天・松井裕樹、来季は抑えに専念! 年俸2億5000万円でサイン

 楽天・松井裕樹投手(25)が27日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2億5000万円プラス出来高払いでサインした。

 今季は25試合に登板し、4勝5敗2セーブ、防御率3・18。先発に再転向してシーズンに臨み、9月30日から中継ぎに回り、再び抑えに戻った。

 今季について、「うまくいかないことの方が多かったけど、毎週もがいたこともいい経験になった。先発、イニングの途中で左打者に投げたり、セットアッパー、クローザー、ひと通り経験できたことに関してはよかった」と振り返った。

 来季は、石井新監督との話し合いの結果、抑えに決定。左腕は「自分自身もそのつもりでいた。そこ(抑え)を任される、うれしさは当然あります。ウイニングボールを先発投手に渡すのは抑えしかできない。あの瞬間は好きです」と明かした。

 狙うは2019年以来、自身2度目となる“セーブ王”のタイトル。「セーブ数が多ければ、チームが勝利を重ねることができるし、より上位に行けるチャンスが大きくなる。結果的にそうなればいいです」と前を見据えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ