新聞大会でイチロー氏講演 高校球児の指導も「近いうちに見られる」

 第73回新聞大会(日本新聞協会主催)が26日、神戸市内のホテルで開かれ、プロ野球と米大リーグで通算4367安打を放ったイチロー氏(47)が「スポーツが持つチカラ」と題して記念講演を行った。公の場に登場するのは昨年3月の引退会見以来。フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(33)と対談するかたちで進められた。

 現役時代、番記者との関わり方について「お互いに厳しく、高められる関係が理想」としていたイチロー氏。報道関係者を前に講演する心境を「いや~な緊張感がある」と説明し、笑いをとった。ブレークした1994年のシーズン。「何かの記録が途絶えてどんな気持ちかと聞かれた。本音を話したのに『本音はオブラートに包んだ』と書かれ、こうやってはめられていくんだなと感じた」と当時の思いを語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、3月終わりに日本に帰国。現役時代よりもつらいトレーニングに取り組んでいる。投手の練習の結果、「47歳にして球が速くなり、重くなりました」と驚きの告白も。

 真夏に飲酒した後、皇居をランニングした翌日、脱水症状を経験したことを明かし「ものすごい量の汗が出て、指が固まりだした」。2014年、ヤンキースでプレーしていたときにも同じような症状を体験。日本から医師を呼んで治療したがなかなか回復せず、チームからはMRI検査を迫られた。「何かが分かるので、閉所恐怖症だからと断った。5日目で回復したが、もしかしたら自分の現役はその年限りだったかも」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ