ソフトバンク・加治屋、松田遼、西田が戦力外

 ソフトバンクは26日、加治屋蓮投手(29)、松田遼馬投手(26)、西田哲朗内野手(29)に来季の選手契約を締結しない旨を伝えたと発表した。

 加治屋はJR九州から2014年ドラフト1位で入団。5年目の2018年、球団のシーズンタイ記録となる72試合登板を果たした。翌19年に右肩を痛めると、今季は6試合登板にとどまり防御率6・00。通算では112試合に登板して7勝4敗、44HP、防御率4・62だった。

 松田遼は18年途中に阪神からトレードで入団。19年には自己最多の51試合に登板するなど存在感を示した。しかし今季は1軍登板なし。2年で鷹を去ることになった。通算164試合に登板して8勝10敗、27HP、防御率4・03だった。

 西田は17年オフにトレードで入団。複数ポジションを務めるユーティリティープレーヤーとしてだけではなく、ムードメーカーとしてもチームを鼓舞してきた。今季は開幕1軍入りを果たすも36試合出場にとどまった。通算では388試合に出場して171安打、13本塁打、71打点だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ