阪神・片山は現状維持の年俸420万、川原は20万円減の460万円

 プロ2年目のシーズンを終えた阪神・片山雄哉捕手(26)が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸420万円だった。

 「結果を出すことができず、とても苦しい1年間でした」

 2019年7月に育成契約から支配下登録されると、アピールを続け、今年は1軍の沖縄・宜野座キャンプ行きを勝ち取った。しかし、レギュラーシーズンでは1軍昇格はなし。「1軍に上がるためには打撃が鍵。打率と長打力を伸ばしたい」と課題は明白だ。

 同じく2年目のシーズンを終えた川原陸投手(19)は20万円減の年俸460万円でサイン。「自分はまだまだできると思っている。今年は来年にとっての階段だと思っています」と来季の飛躍を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ