貴景勝新婚Vだった! 11月場所前に婚約者と結婚

 11月場所で優勝した大関貴景勝(24)が千秋楽から一夜明けた23日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋でオンライン会見に臨み、今場所前に婚約者と結婚していたことを自ら公表した。

 “内助の功”に支えられていた。「純粋に、一緒に頑張っていこうと思った」。8月30日に婚約を発表していた元大関北天佑(故人)の次女、千葉有希奈(ゆきな)さん(28)と、場所前に結婚。13勝2敗で照ノ富士との優勝決定戦を制し2年ぶり2度目の賜杯を抱いた。「食事の面とかいろいろやってくれている。(優勝に)喜んでくれた」と、“新婚V”に目尻を下げた。

 2横綱2大関が休場した中で重責を果たした大関は、来年1月の初場所(10日初日、両国国技館)で自身初の「綱とり」に挑む。横綱昇進が難しいといわれる押し相撲。「だから目指す価値がある。無理といわれていることをやり遂げたときの充実感は代えられない」と言い切った。横綱審議委員会の昇進に関する内規「大関として2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」を達成し、令和3年は新年の土俵から主役になる。(新里公章)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ