照ノ富士「やっぱり悔しい」 V逸も13勝…大関取り起点に

 照ノ富士は優勝決定戦に持ち込みながら、あと一歩賜杯に届かなかった。貴景勝に一方的に押し出され、顔をゆがめた。「悪い癖が出ちゃった。上体が高くなった。やっぱり悔しい」。大粒の汗を流しながら振り返った。

 それでも三役に復帰した場所で13勝。場所前は2桁勝利を目標に掲げており、合格点以上の星を残した。千秋楽の本割で貴景勝を浴びせ倒した一番は、大関級の力を取り戻していることを示した。まわしを取れば無類の力を発揮する。

 最大の目標に掲げる大関復帰に向けて、今場所が「起点」となったことは間違いない。来年の抱負を問われ、「元の位置(大関)に戻るっす。それだけです。来場所に全部ぶつけてきます」。表情は冷静だが、発する言葉には優勝を逃した怒気が込められていた。(浜田慎太郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ