「シリーズ男」になるか! ソフトバンク・栗原が3安打4打点 菅野撃ちで「全国区」へ第一歩

 日本シリーズ第1戦が21日、京セラドームで行われ、4年連続日本一を目指すソフトバンクが巨人に先勝。3安打4打点と大活躍した若鷹、栗原陵矢捕手(24)が「シリーズ男」に成り上がり全国区を目指す。

 登録は捕手だが「5番・右翼」で先発。2回の第1打席に菅野から先制2ランをたたき込むと、さらに二塁打、2点二塁打と3打席連続で相手エースを打ち込んだ。

 「自分が打てるボールを待っていた。(菅野は)すごい投手。何も気負うことはない。むちゃくちゃやってやろうと思っていた」と胸を張った新鋭は、福井・春江工高から2014年ドラフト2位で入団。柔らかいリストから長打を飛ばせる逸材だったが、正捕手の甲斐に阻まれ1軍でのチャンスは少なかった。

 チーム関係者は「去年までは捕手での出場にこだわっていたが、結局、与えられるのは代打枠。自分がプロで生き残るにはどうすればいいのか、本当の意味で気づけたのは大きい。今年のキャンプでは打撃練習が終わると、ずっと外野守備に時間を費やしていた」と明かす。出場機会を求め一塁、外野に挑戦すると一気に打棒が開花。出場118試合で17本塁打、73打点はいずれも主砲・柳田に次ぐチーム2位だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ