巨人が高卒2年目の直江、山下を自由契約に 育成で再契約を打診へ

 巨人は19日、ともに高卒2年目の直江大輔投手(20)、山下航汰外野手(20)を自由契約とすることを発表した。2選手には育成選手としての契約を打診する見通し。

 直江は今季プロ初登板を果たすなど3試合に登板したが、10月中旬に腰部椎間板ヘルニアの手術を受けていた。山下は開幕前に右手有鈎骨を骨折。8月に実戦復帰も、今度は下半身のコンディション不良でリハビリ組で調整していた。

 これで巨人からは育成選手を含む16選手が戦力外、5選手が自由契約となった。シーズン中、上限の70人いっぱいだった支配下選手は58人となり、ドラフトで指名した7選手を含めても65人となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ