ヤクルト・石山が残留 今季国内FA権取得も行使せず

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得したヤクルト・石山泰稚投手(32)が権利を行使せず、残留することが19日、分かった。

 今季は開幕から守護神として44試合に登板し、3勝2敗20セーブ、防御率2・01。今季最終戦となった10日の広島戦(神宮)後には、球団広報を通じて「今まで僕に関わっていただいた方々に感謝し、これまで指導してくださった方々の教えを守り、しっかり方向性を決めたいと思います」とコメントしていた。

 FA宣言すれば、獲得に乗り出す球団があるとみられていたが、入団以来在籍するチームへの愛情が決断の決め手になったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ