広島・松山が広島残留を表明

 今年9月に海外フリーエージェント(FA)権を取得した広島・松山竜平外野手(35)が17日、権利を行使せずに残留すると明かした。

 国内FA権を取得した2018年オフから毎年単年契約を結んでいる35歳は、報道陣に「来季も広島か?」と問われ、「そうです」と答えた。今後交渉を開始する。

 今季は108試合に出場し、打率・277、9本塁打、67打点と奮闘した。ただ、一塁守備では9失策を記録。16日に米マイナー通算151本塁打のケビン・クロン内野手(前ダイヤモンドバックス)の加入が決まり、松山は「できることをやるだけ。オフをしっかり過ごして、春先からアピールしたい。もともとは外野手登録なので、外野もやる」と意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ