DeNA、ロペス&パットンの退団発表 ともに現役続行希望

 DeNAは16日、ホセ・ロペス内野手(36)とスペンサー・パットン投手(32)との来季の契約を結ばないことを発表した。球団はこれまでの功績に最大限の評価をしてきたが、ともに現役続行の意思を示しており、退団となる見通し。

 ロペスは来日8年目の今季、81試合に出場し打率・246、12本塁打。日米通算2000安打と、外国選手では史上初の日米各1000安打を達成し、国内FA権も取得。来季からは外国人枠を外れる。

 パットンは4年間で通算219試合に登板し、101ホールドをマーク。今季は両リーグ最多の57試合に登板し3勝2敗、19ホールド、防御率4・92だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ