ロッテ・沢村、来季メジャー挑戦も 米も高評価…すでに複数球団が調査

 ロッテ・沢村拓一投手(32)が、海外フリーエージェント(FA)権を行使して来季にメジャー挑戦する可能性があることが15日、分かった。同投手は10月17日に出場選手登録が9年に達し、海外FA権を取得していた。

 ソフトバンクに2連敗でCS敗退が決定。今季が終了した試合後に沢村は「終わったばかりなので、これからゆっくり考えます」と、来季の去就については明言を避けたが、すでに親しい関係者には選択肢としてメジャー挑戦を視野に入れていることを明かしている。昨オフに同学年の田中将大、前田健太と自主トレを行い、またこれも同学年の秋山翔吾も海に渡ったことで、大きな刺激を受けているという。

 メジャー側でも高速スプリットを武器にする沢村をリリーバーとして高く評価しており、すでに複数球団が水面下で獲得調査を進めている。また、過去にはインディアンスやヤンキースが沢村の中大時代に強い関心を示していた経緯もある。沢村自身も複数の日本人メジャーリーガーも所属する事務所にマネジメントを委託しており、環境は整っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ