“GI・8勝”アーモンドアイJC参戦で頂上対決実現! 史上初3冠馬3頭の争いにネットも興奮「役者が揃った」「願わくば3頭同着で」

 1日の天皇賞・秋で日本競馬史上初の芝GI・8勝を達成した一昨年の3冠牝馬、アーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)がジャパンカップ(29日開催、東京競馬場、GI、芝2400メートル)に出走することが12日、明らかになり、多くのメディアがこれを一斉に報じた。JCにはすでに、史上3頭目の無敗牡馬3冠となったコントレイル、史上初の無敗牝馬3冠を達成したデアリングタクトも出走を表明しており、無事に当日を迎えれば、3冠馬3頭が対戦する史上初のレースになる。ツイッターでは同日、「アーモンドアイ」がトレンド入りし、多くの競馬ファンが歓喜。アーモンドアイ陣営の決断を絶賛した。

 サンケイスポーツによると、アーモンドアイにとっては今年のJCが現役最後のレースになる。現在、アーモンドアイは福島県にあるノーザンファーム天栄に在厩しており、レースでの手綱は引き続き、C.ルメール騎手が取る予定という。

 今月5日、コントレイルのJC出走が報じられた際、ネットには「後はアーモンドアイの参戦を待つのみ!!」「アーモンドアイは逃げないでほしいなあ」「アーモンドアイ出てくれー!!」などのリクエストが殺到していた。“女王参戦”の一報にSNSが沸き、ツイッターには「アーモンドアイ、よく決断してくれた!勝っても負けても全馬讃えたい!!」「これは、、!!!事実上の年度代表馬決定戦、アーモンドアイよく出走を決めてくれた」「アーモンドアイよくぞ逃げずに出てきた!」「これで役者が揃った」などの書き込みが相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ