中日・大野雄、FA権行使せず残留「ドラゴンズで優勝したい」

 今年7月に国内フリーエージェント(FA)権を取得した中日・大野雄大投手(32)が11日、権利を行使せず、残留する意向を遠征先のマツダスタジアムで明かした。球団とは年俸3億円超の3年契約で大筋合意したとみられる。左腕は「ドラゴンズで優勝したい」と話し、来季、10年ぶりとなるリーグ優勝を目指す。また、1・82で最優秀防御率のタイトルを2年連続で受賞した。

 腕を振るたびにドラゴンズへの愛が深まっていた。大野雄は来季も竜に残る。男気たっぷりの左腕が来季に目指すのは、2011年以来10年ぶりとなるリーグ優勝だ。

 「(残留の決め手は)ドラゴンズで優勝したいということです。今年はAクラスという形になって、来年に間違いなくつながると思った。さらに、そこをハッキリと目指せるという手応えが、今年はできました」

 昨オフに単年契約を結び、今年7月31日にFA権を取得した。10完投6完封のフル回転で5年ぶりの2桁勝利となる11勝をマークすれば、45イニング連続無失点の球団新記録も樹立するなどして、12年以来8年ぶりのAクラス入りに大貢献。阪神などが獲得調査を進め、FA市場に出れば争奪戦が繰り広げられるのは必至だったが、球団とは年俸3億円超の3年契約で大筋合意したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ