阪神・ボーア&ガルシア、退団決定的 サンズ&スアレス慰留

 阪神は来季に向けて、助っ人の編成にも着手する。すでに高額年俸に見合う働きができなかったジャスティン・ボーア内野手(32)とオネルキ・ガルシア投手(31)は帰国しており、退団は決定的。一時、4番として活躍したジェリー・サンズ外野手(33)と、最多セーブのタイトルを獲得したロベルト・スアレス投手(29)は慰留に努める。

 ジェフリー・マルテ内野手(29)、ジョー・ガンケル投手(28)、ジョン・エドワーズ投手(32)とは、前向きに交渉を進めていくことになりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ