日本ハム・中田、若手に奮起促す 清宮は「眼中にもない」

 4年ぶり3度目の打点王に輝いた日本ハム・中田翔内野手(31)が10日、同じ一塁手の清宮幸太郎内野手(21)をあえて突き放し、4年目となる来季に向けて奮起を促した。

 「(清宮は)今年に関しては、相手にならないというか、眼中にもないっていう感じでした」

 若手の台頭を待つ主砲が、ふがいない後輩に活を入れた。自身は13年目の今季、打点王とキャリアハイの31本塁打を放ったが、清宮は96試合出場で打率・190、7本塁打、22打点と低迷した。

 中田は同時に「チームの看板選手というか、引っ張っていかないといけない存在。それだけのポテンシャルもある」と高い潜在能力も認めた。“酷評”は期待の裏返し。秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参戦中の清宮に、先輩の思いは伝わるか。(山口泰弘)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ