【引退会見(1)】阪神・藤川「肘も5カ所手術しないといけないんじゃないか」

 (セ・リーグ、阪神0-4巨人、24回戦、巨人16勝8敗、10日、甲子園)今季限りでの引退する阪神・藤川球児投手(40)が試合後、引退会見を行った。

 --グラウンドを一周。いろんな声があった

 「いろんな引退記念のグッズがたくさん出ているんですが、それを持っている人がたくさんいて。(その一方で)もっと前から応援してくれる人とかがいて。2005年の優勝したときとか。思い出を一緒にページをめくっている感じがして、感慨深い感じがしました」

 --笑顔だった

 「自分にとって野球は本当、シビれるような戦いです。その中で勝ったり、勝ち続けないといけないんですけど。そういう思いの中でやってきたからこそ、悔しさ、うれしさというものがあった。なのでチームのために涙を流すことはあるかもしれませんが、野球を離れるということで涙をするということは実は一度もなかったんです。人生の鍛錬の時間。いい勉強をさせてもらった。本当に感謝しかないです」

 --十分に思いは伝わった

 「あす投げれば、もう1キロぐらい(球速が)は出たかなという感じはしましたけど。でも、元気に投げれているように見えるかもしれないですけど。現実では手術をしないといけない状態なんで。いまだから言いますけど、そのせいで肩にも負担がかかっている。肘も5カ所手術しないといけないんじゃないかと。肩の方もガタがきている。ファンの方に来シーズンのプレーすることをお約束できないんですよね。それが自分自身、タイガースのユニホームを着た自分との約束だったので。自分への約束をしっかり守れた男でよかったなと胸を張って高知に帰れる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ