阪神、藤川引退試合で拙攻 六回まで無安打無得点

 (セ・リーグ、阪神-巨人、24回戦、10日、甲子園)拙攻が続いている。阪神打線は六回まで巨人投手陣の前に無安打に抑えられた。

 一回は先発・畠に三者凡退に抑えられる。二回、2四球で2死一、二塁と得点圏に走者を進めるも、小幡が三邪飛に倒れた。四回からは、2番手・戸郷がマウンドへ。六回に1死から近本が一塁強襲の打球を放ち、出塁するも記録は失策。「H」ランプがともることはなかった。続くサンズは空振り三振で、近本が盗塁死で併殺。ヒットが遠い展開が続いている。

 この日は逆転で本塁打王を狙う大山を「1番」に据えるなど、大幅な打順の変更を行った。その大山は一回の第1打席は遊飛。三回と五回の第2打席、第3打席はいずれも初球をフルスイングも、捕邪飛に倒れ、3度のポップフライに終わった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ