阪神・ボーアが帰国「プレーできたことを誇りに思う」このまま退団へ

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が7日、帰国したことを球団が発表した。

 球団広報を通じて「温かいご声援をいただきありがとうございました。どこにいてもファンのみなさんの声援は私に届いていて、すべてが私の力になっていました。タイガースファンは最高です。そして、素晴らしいチームメートたちとタイガースの一員としてプレーできたことを誇りに思います。もちろん、日本食はおいしく、日本という国は最高です!」と感謝の思いをコメントした。

 メジャーで通算92本塁打という実績を持つB砲は鳴り物入りで今季から阪神に入団。しかし、開幕直後から来日初安打まで19打席を要するなど低調なパフォーマンスが続いた。7月は7本塁打を記録するなど奮起したが長くは続かず。10月22日に左ふくらはぎ痛から復帰したマルテと入れ替わる形で2軍に降格していた。今季は99試合の出場で打率・243、17本塁打、45打点。年俸250万ドル(約2億6000万円)という金額に見合った成績を残すことができず、このまま退団する見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ