楽天・渡辺直 引退試合で2安打「夢のような時間をありがとう」

 (パ・リーグ、楽天4-2西武、23回戦、西武12勝10敗1分け、6日、楽天生命パーク)楽天・渡辺直人内野手兼任打撃コーチ(40)が「1番・DH」で先発出場し、“引退試合”を4打数2安打1得点で終えた。

 三回2死走者なし。浜屋の直球をたたき、左翼線二塁打。次打者・小深田の左前適時打でホームに頭から突っ込み、先制点をもたらした。七回には中前打を放った。

 九回は遊撃の守備に就くと、プレーボールの前に大粒の涙がほほを伝った。無死一、二塁から遊撃併殺打を完成させ、スタンドは大きな拍手に包まれた。

 試合後の引退セレモニーで、渡辺直は「不安やプレッシャーに押しつぶされそうなとき、『直人! 頑張れ!』と大きな声援をいただき、応援歌にある『われら直人』のフレーズは本当にありがたかったです。すべての出会いに感謝。14年間、夢のような時間をありがとうございました」と感謝の言葉を並べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ