阪神が福留、能見、上本の退団を発表

 阪神は6日、福留孝介外野手(43)、能見篤史投手(41)、上本博紀内野手(34)の3選手が今季限りで退団すると発表した。ともに現役続行の意思を示しており、他球団への移籍を模索することになる。

 福留はこの日、鳴尾浜で2軍練習に参加。最後のタテジマとなった。約2時間半、いつも通りに汗を流し、シートノックではノーバウンドでバックホームするなど変わらぬ姿を見せ「やっぱり寂しさというかそういうのもありますけど、次に向かってまた進むという意味で。どこかでそういうときは必ず来るんでしょうけど。周りのみんなもそういうことを感じさせずに、楽しく最後まで練習させてもらいました」と話した。

 今後は他球団での現役続行に向かうが「まったく何も決めていないです。とりあえず1回ゆっくりして、そこからまた。いつもシーズンに向けて準備するように、普通にいつも通り準備します」とコメントした。

 上本はすでにチームから離れており、能見は1軍に帯同中で、7日の広島戦(マツダ)に向かう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ