広島・小窪が退団 本人は現役続行を希望

 広島は5日、小窪哲也内野手(35)の退団を発表した。本人は他球団での現役続行を希望している。

 鈴木球団本部長は「来季広島の1軍でプレーするのは難しい面があった。これまで貢献してくれた選手。本人と話をして希望を聞き、今後他球団で活躍するチャンスができるような形になりました」と説明した。

 PL学園高、青学大を経て2008年の大・社ドラフト3巡目で広島に入団した。16年から2年間、選手会長を務め、リーグ連覇に貢献。今季は出場2試合にとどまったが、通算704試合に出場し、打率・259、18本塁打、153打点の成績を残している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ