阪神、岡崎&伊藤隼&横山のドラ1が同時に戦力外

 阪神は4日、岡崎太一捕手(37)、伊藤隼太外野手(31)、高野圭佑投手(28)、横山雄哉投手(26)、福永春吾投手(26)の5選手と来季の契約を結ばないことを発表した。

 岡崎は松下電器から2005年に自由獲得枠、伊藤隼は慶大から12年にドラフト1位、横山は新日鉄住金鹿島からドラフト1位と、3人のドラ1が同時に戦力外に。横山は育成を経て今年9月30日に支配下登録に返り咲いたばかりだった。

 伊藤隼は「ドラフト1位で入団させてもらって、みなさんの期待に沿えるような活躍はできていないので、そこに対しては申し訳ないという気持ちは強いですけれど、自分の中で全力でやった結果なので、その結果

を受け止めて、次どうなるかわかりませんけれど次のステージに向かっていきたいと思います」とコメント。今後については「いろいろな方と相談して考えます」と話すにとどめた。

 岡崎、横山も今後は未定、高野と福永は現役続行を希望している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ