戦力外通告の阪神・上本、1軍最終戦の出場お断り 鳴尾浜で最後の練習

 球団から来季構想外を通告された阪神・上本博紀内野手(34)が3日、鳴尾浜で最後の練習を行った。

 「球団にお世話になったので、感謝の気持ちでいっぱいです」

 12年間で698試合、打率・265(522安打)、30本塁打、161打点。球団側から11日の1軍の最終戦への出場を打診されたが「いろんな思いもあってお断りさせてもらった」と話した。1日のウエスタン・ソフトバンク戦(タマホーム筑後)がタテジマでの最後の実戦となった。

 「最後にあんな遠くまでタオルとか持ってきてもらって、タイガースファン、上本博紀を応援してくれた人には頭が上がらない。感謝しかない」

 今後は現役続行を目指して、他球団移籍を模索する。選手会長も務めた功労者は、静かに虎のユニホームを脱ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ