阪神、4日にも伊藤隼太に戦力外通告 19年以降1軍出場機会なし

 ハヤタよ、さらば-。阪神・伊藤隼太外野手(31)が来季戦力外となったことが3日、分かった。4日にも通告される。2012年に慶大から生え抜きの主砲候補として鳴り物入りでドラフト1位で入団したが、近年はもっぱら左の代打としての出場で、昨年から1軍出場はなく、タテジマを脱ぐことになった。今後は未定。

 野球のエリート街道を歩んできたドラフト1位が、タイガースを去ることになった。伊藤隼が来季戦力外。4日にも他の複数人の選手とともに、球団から通告される見通しだ。

 いずれも名門の中京大中京高から慶大に進学。主砲として3年春のリーグ戦でチームを11季ぶりの優勝に導くと、主将を務めた4年春にも2季連続優勝に貢献した。大学日本代表でも4番を務め、大学ナンバーワンスラッガーとして2012年ドラフト1位で阪神に入団した。

 足も速く、守備も堅実。三拍子そろった左の外野手とあって、母校の先輩である高橋由伸(前巨人監督)の再来と呼ばれ、当時の主砲だった金本知憲(前監督)の後継者として期待された。本人も入団会見で「金本選手のようなプロでも長くやって、ひときわ存在感のある選手を目標として、頑張っていきたい」と話していた。

 だが、プロ生活はなかなか波に乗れなかった。1年目こそ開幕1軍をつかみ、新人外野手としては球団で40年ぶりに3月30日の開幕・DeNA戦(京セラ)で「8番・右翼」で出場。9月27日のヤクルト戦(神宮)では初本塁打を満塁弾で飾ってみせた。しかし、外野には金本とマートンという好打者がいたため、出場はわずか22試合にとどまり、打率・148、1本塁打、5打点と数字も残せなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ