ヤクルト育成のジュリアスが戦力外通告 通算で1軍登板なく

 ヤクルト・日隈ジュリアス投手(23)が2日、東京・北青山の球団事務所で来季の契約を結ばないことを通告された。今後についてはトライアウトを受験する意向で、NPBに限らず現役続行を希望している。

 高知中央高から2016年ドラフト4位で入団した左腕。1年目に左肘のクリーニング手術を受けると、2年目には左肘のトミー・ジョン手術を受けた。18年からは育成契約となったが、支配下契約を勝ち取ることができなかった。

 今季イースタン・リーグでは10試合に登板し、0勝0敗、防御率4・38だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ