能見篤史の来季構想外を検討 阪神、プロ16年目の41歳

 阪神が、生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)について、来季の戦力構想外を検討していることが22日、関係者への取材で分かった。プロ16年目の左腕投手は今季、30試合に救援登板して1勝0敗、防御率4・98と安定感を欠いていた。

 兵庫県出身。鳥取城北高から大阪ガスを経て、ドラフト自由獲得枠で2005年に阪神入り。5度の2桁勝利をマークし、開幕投手を3度務めた。12年に最多奪三振のタイトルに輝き、13年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出。18年シーズン途中から中継ぎに転向した。40歳を迎えた昨季は自己最多の51試合に登板した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ