阪神の43歳福留、来季は戦力外か 球団が検討

 プロ野球阪神が球界最年長で日米通算2407安打を誇る福留孝介外野手(43)について、来季の戦力構想外を検討していることが21日、関係者への取材で分かった。プロ22年目の今季は開幕から打撃が振るわず、出場43試合で打率1割5分4厘、1本塁打、12打点にとどまっていた。

 福留は不振が長引き主に代打での起用となる中、9月に球団ルールを上回る人数での会食に参加していたことが判明。出席者の新型コロナウイルス感染が確認され、球団が濃厚接触者と同様の扱いとして9月25日に出場選手登録を外れた。

 福留は鹿児島県出身。大阪・PL学園高から日本生命を経てドラフト1位で1999年に中日入りし、2002年と06年には首位打者を獲得。06年にはリーグ最優秀選手にも選出された。08年シーズンから米大リーグのカブスなどでプレー。13年シーズンから阪神で日本球界に復帰し、16年には日米通算2千安打を達成した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ