広島・鈴木誠也の妻、畠山愛理が驚異の“V字”開脚披露 ファン感嘆「美しい」私も頑張ろ」

 プロ野球・広島の鈴木誠也の妻で、元新体操日本代表のスポーツキャスター、畠山愛理(26)が21日、自身のインスタグラムを更新。現役時代を彷彿させる“V字”開脚を披露し、フォロワーを驚かせた。

 畠山はこの日、インスタに「最近、数年前の写真を見ると、柔らかいなぁ…と自分でも思うようになって明らかに身体が硬くなったのを感じていて…またストレッチだけじゃなくて柔軟もしっかり頑張ろう」と投稿。そのうえで「柔らかくなるのは時間がかかるけど、硬くなるのはあっという間」とつづり、両脚を開き、さらに右脚をイスの背もたれに乗せている自身の画像をアップした。

 このポーズを多くのフォロワーが絶賛。「凄いですね!愛理さんにはいつまでも現役時代の柔軟と今のスタイルを維持して欲しいです」「スゴイ!やっぱり継続ですよねー」「約225度くらいですね!びっくりを通り超しています」「Vじゃん」「美しい」などのコメントが殺到した。

 また、畠山の姿に触発されたというファンからは「体が柔らかいと健康的ですよね!私も頑張ろ」「私も新体操辞めたら硬くなった、、柔軟また頑張ります!」などの声。なかには「オススメの柔軟動画であげてください」というリクエストも届いていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ