“日本一曲がらない男”稲森佑貴が逆転V!初勝利&2勝目も日本OPは史上初/国内男子

 日本オープン選手権最終日(18日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)今季ツアー国内第2戦。首位に1打差の2位から出た稲森佑貴(26)=フリー=が2バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダーで逆転優勝を飾った。優勝は2018年大会以来で、ツアー通算も2勝目。初優勝と2勝目をともに「日本オープン」で挙げたのは1973年のツアー制度施行後で初めてだ。首位から出た谷原秀人(41)=国際スポーツ振興協会=は71と伸ばせず、通算4アンダーの2位に終わった。

 耐えて耐えてたどり着いた2勝目の喜びは、ひとしおだった。稲森は最終18番(パー5)で2メートルのバーディーパットを決めると、静かに右手を握りしめた。

 「『日本オープン』で勝てたのはうれしい。長い一週間だと感じた。最後のバーディーは、まさかまさかという感じ」

 2015年から19年まで5年連続フェアウエーキープ率1位の“曲がらない男”。この日も78・57%の全体7位と精度の高いショットが武器だ。ただ前半は1メートルや2メートルの短いパットを外し、11番まで全てパー。「我慢していればバーディーが来ると、キャディーと話していた」。谷原と並んで迎えた18番は完璧なティーショットでベテランに重圧をかけ、3打目をピン右2メートルにピタリ。最後はきっちりと沈めて勝負をつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ