「もう一発」「そんなん言うたらアカンやろ」青木の死球をめぐり乱闘騒ぎ

 (セ・リーグ、ヤクルト2-13広島、16回戦、広島8勝6敗2分、3日、神宮)ヤクルト・青木宣親外野手(38)への死球を巡って乱闘騒ぎが起こった。

 13-0の八回1死一塁で広島・菊池保が投じた3球目が青木の左ふくらはぎに直撃し、そのまま負傷交代した。山田哲の打席で「もう一発」とヤジが飛び、ヤクルト側が「そんなん言うたらアカンやろ」と激怒。両軍が入り乱れ、試合は一時中断。審判から警告試合が宣告され、試合は再開した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ