阪神の“隠し玉”は三菱重工神戸・高砂の藤原 大谷・藤浪世代最後?の大砲をリストアップ

 阪神が10月26日のドラフト会議に向け、三菱重工神戸・高砂の藤原隆蒔外野手(25)をリストアップしていることが28日、分かった。強肩強打の右打者。7月の阪神との練習試合(鳴尾浜)で6打数4安打とアピールし評価を上げた。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(26)と同学年の黄金世代。スターの陰で力をつけてきた“隠し玉”だ。

 1カ月後に迫るドラフト会議に向けた準備が最終段階を迎えている。例年、夏場に大きく評価を上げてプロの扉を開く選手も多いが、その一人が藤原だ。三菱重工神戸・高砂のスラッガーに阪神が注目していることが判明した。

 177センチ、81キロの藤原はふところの深い打撃から力強い打球を放つ。今季は地区予選で敗れたが、昨年まで3年連続で都市対抗野球に出場して、2017年には本塁打を放った。7月21日の阪神との練習試合(鳴尾浜)では「4番・左翼」に座って6打数4安打3打点。呂彦青から左越えに2ランも放った。

 アマ球界関係者によると、この試合をきっかけに評価が急上昇したという。即戦力野手では近大・佐藤輝明内野手らが注目を集めているが、藤原も“隠し玉”として魅力たっぷり。指名候補リストに名を連ねている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ