錦織が6年連続2回戦進出 観客入れ全仏テニス開幕

 テニスの全仏オープンは27日、パリのローランギャロスで開幕してシングルス1回戦が行われ、男子で昨年8強の錦織圭(日清食品)が第32シードのダニエル・エバンズ(英国)に1-6、6-1、7-6、1-6、6-4で勝ち、右肘手術や新型コロナウイルス感染を経て昨年の全米オープン以来約1年ぶりの四大大会を白星で飾った。6年連続で進んだ2回戦でステファノ・トラバリア(イタリア)と対戦する。

 2015年大会覇者のスタン・バブリンカ(スイス)は元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)にストレート勝ちした。

 女子で第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)や全米準優勝のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は順当勝ち。

 本来は5月に開幕予定だったが、新型コロナの影響で延期。フランス国内で感染再拡大が深刻化する中、コロナ禍で初めて観客を入れた四大大会となった。予防策として観客数は1日当たり千人に制限。選手は指定ホテルに滞在し、大会前や大会中も検査を受ける。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ