【一問一答】正代「今までの相撲人生の中で一番、緊張した」/秋場所

 大相撲秋場所千秋楽(27日、両国国技館)関脇正代(28)が新入幕の翔猿(28)を突き落とし、13勝2敗で熊本県出身初の優勝を飾った。時津風部屋では昭和38年名古屋場所の北葉山以来、57年ぶりの快挙となった。正代の優勝インタビューは以下の通り。

 --初優勝

 「信じられない」

 --翔猿との対戦

 「初顔合わせだったので意識した。やりづらさも感じた」

 --突き落とした

 「今までの相撲人生の中で一番、緊張したかもしれない。よく体が反応してくれた」

 --勝った瞬間は

 「優勝したというのがいまいち、わからなかった。なんとも言えない感じだった」

 --熊本出身初優勝

 「地元の応援が力になった。両親もプレッシャーをかけないように、気を遣っていたと思う。感謝したい」

 --大関昇進へ

 「実感というか、ちょっとわからない」

 --大関は

 「相撲界に入る前からあこがれた地位。信じられない。1月と7月に優勝を逃して、その経験が生きた」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ