DeNA・三嶋が10セーブ目!大役で堂々“大台”、前守護神・山崎の助言もパワーに

 (セ・リーグ、広島2-5DeNA、19回戦、DeNA11勝6敗2分、26日、マツダ)DeNAは26日、広島19回戦(マツダ)に5-2で勝利。不調の山崎康晃投手(27)に代わって抑えを務める三嶋一輝投手(30)が九回を1安打無失点に抑え、節目の10セーブ目を挙げた。打線は15安打を放ち、投手陣も盤石のリレーで逃げ切り、勝率を再び5割に戻した。

 先頭の松山に二塁打を浴びても、動じることはない。三嶋は淡々とアウトを重ね、最後は菊池涼を150キロの直球で空振り三振。節目の10セーブに到達しても、最後まで表情を崩さずに仲間とハイタッチを交わした。

 「中継ぎで投げるのと同じ気持ちで投げてきて、その積み重ねが今日、という感じ。九回を任されている意味を、自分の姿で表現するしかないと思っている」

 法大から2013年ドラフト2位で入団。8年目の今季は、「一喜一憂しない」をテーマに掲げる。「去年は感情の起伏が激しくて、次の試合も連続でやられていた。今年は同じ失敗をしないよう、振り返りを大事にしている」。中継ぎとしてリーグ2位の71試合に登板した昨季の経験が生かされている。

 2年目には開幕投手も務めた右腕が7月、開幕から状態の上向かない2年連続セーブ王・山崎の“代役守護神”に指名された。「慣れないです、まだ」といいながらも、配置転換後19試合でたった3失点、セーブ失敗は1度しかない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ