ヤクルト・奥川、近日中に実戦復帰 9日にブルペン投球再開

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜高=が近日中に実戦復帰することが26日、分かった。

 今季はイースタン・リーグで4試合、計6回2/3を投げて防御率4・05。7月20日の楽天戦(森林どり泉)で2回2/3を5安打3失点だった登板を最後に、上半身のコンディション不良もあり、調整ペースを落としていた。ノースロー期間を経て9月9日にブルペン投球を再開。その後は球数を増やし、13、18、25日と計4度ブルペンに入った。

 高津監督は奥川の今季中の1軍登板について「無理はさせないし、条件が整えばだけれども、投げさせたい気持ちはあります」と話した。最速154キロを誇るゴールデンルーキーが、マウンドに戻ってくる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ