正代が大関連破「一番いい立ち合いができた」 初V王手千秋楽大一番は翔猿と/秋場所

 大相撲秋場所14日目(26日、両国国技館) 関脇正代(28)が大関朝乃山(26)を馬力で圧倒し、押し倒して12勝目を挙げ、単独トップに立った。2敗で首位に並んでいた新入幕の翔猿(28)は大関貴景勝(24)にはたき込まれ、ともに11勝3敗となった。賜杯の行方は2敗の正代と1差の2人に絞られ、27日の千秋楽で正代が翔猿に勝てば自身初優勝となり、にわかに大関昇進の可能性が浮上する。

 強烈な体当たりで、大関の体幹を打ち砕く。立ち合い。肘をたたんで胸を突き出す正代独特の一撃。朝乃山の体を浮かせ、左へ90度横向きにして一気に押し倒した。背中から落ちた朝乃山は、後転しながら土俵下へ。大関でも受けきれない馬力と破壊力だ。

 「自分の一番いい立ち合いができた。思い切り当たれて、足も踏み込めた。休まず前へ出ることを意識していた」

 1月の初場所、7月場所と千秋楽まで賜杯を争った経験は無駄ではない。「それなりに緊張はしているが、落ち着くところは落ち着いて。メリハリができている。気持ちの持っていきかたが分かってきた」。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ