翔猿、貴景勝に完敗 初の結びに「全然違いました」

 大相撲秋場所14日目は26日、両国国技館で行われ、優勝争いに食らいついていた新入幕の翔猿は、結びで貴景勝にはたき込まれ、3敗に後退した。真っすぐぶつかって少し押し込めたが、その後押し戻された。いなされてバランスを崩し、最後ははたき込まれて腹ばいになった。

 初めて立った結びの土俵。「(雰囲気が)全然違いました。まだまだ稽古が足りない」と苦笑い。千秋楽はトップの正代戦が組まれ、まだ自力優勝の可能性を残す。注目が集まる大一番に向け、「思いっきりいくだけです」と気合を入れ直していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ