コロナ感染の阪神・陽川が発熱で入院

 阪神は26日、新型コロナウイルスの感染が判明した陽川尚将内野手(29)が軽い発熱のため、東京都内の病院に入院したことを明らかにした。球団広報が取材に応じて説明。PCR検査で25日までに「陽性」と判定された他の4選手とチームスタッフ2人に体調の変化はなく、陽川以外には新たな体調不良者は現れていないという。

 チーム内では24日に浜地の「陽性」が判明し、25日には陽川、岩貞、糸原、馬場とチームスタッフ2人も「陽性」と判定された。このうち浜地とスタッフの2人は入院。浜地の濃厚接触者とされた岩崎と小川、陽性が判明した選手と19日に会食をともにしていた選手らは、引き続き都内で隔離されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ