一発浴びた巨人の畠、繊細さ欠く

 巨人が26日、中日に敗れた。

 巨人先発の畠は痛恨の一発を浴びた。両チーム無得点で迎えた五回1死二塁で、中日の京田に高めのカットボールを右翼席中段にまで運ばれた。さらに、2死二、三塁とピンチを広げたところで降板し、「本塁打はもっと注意しなければいけなかった。短いイニングで代わって申し訳ない」とうなだれた。

 一回に先頭の大島を2球で追い込みながら中前打されたように、2ストライクから痛打される場面が目立った。宮本投手チーフコーチは「繊細さが欲しかった」と注文を付けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ