菊池雄星「オフに取り組んできたことは間違っていなかった」」

【シアトル(米ワシントン州)25日(日本時間26日)】敵地リングセントラル・コロシアムで行われたアスレチックス戦に先発したマリナーズの菊池雄星投手は(29)は、6回を投げて、4安打無失点、3四球、5三振だった。これが今季最後の先発。今季は9試合に先発し、2勝4敗、防御率5.17だった。試合は延長十回、1-3で逆転サヨナラ負けを喫している。この試合と今季を振り返っての主な一問一答は以下の通り。

--今季最後の登板となった

 「すごく短いシーズンでしたけども、最終的にいい形で終われたことに関しては良かった」

--今日は、走者を出しても失点しなかった。

 「ランナーを出してからのピッチングというのが、今シーズンは課題としてあったので、いつも以上に粘り強く投げようと思って、実際、ダブルプレーや味方のプレーにも助けられて、ゼロで終えられたのは良かった」

--残った数字の評価は?

 「冬の間に大きく(フォームを)変更してという中で、やはりいい日、悪い日っていうのが、すごくはっきりしていた。でも、数字には現れない手応えを得られる部分も多くあったので、もちろん、明確な課題はありますけども、オフに取り組んできたことは間違っていなかった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ